砥部焼の小皿
d0027656_1531669.jpg
砥部焼観光センター炎の里のすぐ横にある、道の駅みたいなところで売っていた小皿。二つ買いました。砥部焼だと思うけど、一般的な砥部焼とは違ってざらざらして渋い質感です。




d0027656_1531978.jpg
家にあったきんかんをのせてみた。


随分むかし、弟が修学旅行かなにかで自分用のお土産に備前焼の小さい小皿を一つ買ってきた。非常に渋い物で、3000円したらしい。当時3000円の小皿を買ってきた弟に驚愕したが、今でも弟はその小さな皿を非常に気に入っていて、その後も現在までその皿であられなどを食べている。それがずーっとうらやましかった。ということをふと思い出して、自分用のあられ皿にしようと思って購入。

裏に「美」という刻印が一つあるだけで、どこの窯の物なのかは不明。店員さんに聞いとけば良かった。
[PR]
by rupanyoshioka | 2011-03-16 15:10 | 陶器
<< クジラの箸置き チョコレートとオリーブオイル >>